読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中学生からの作文技術を読んだ。そして、簡潔にまとめてみた。

作文とはなにか?

作文技術とは読む側にとってわかりやすい文章を書くこと。

日本語は世界的に見て特殊な言語ではなく、論理的な言語。非論理的言語など世界にはない。

かかる言葉と受ける言葉とは?

文はかかる言葉と受ける言葉で成り立っている。

文章の長さは、わかりにくさとは関係ない。

かかる言葉と受ける言葉は近いほどわかりやすい

(美しい水車小屋)の娘
水車小屋の(美しい娘)

かかる言葉の順序とは?

かかる言葉の順序には、4つの原則がある。

節を先にして、句をあとにする。

同じ節または句では、長い方を先にする。

長さが同じくらいのときは、大きな内容の方を先にする。

長さも大きさも同じ時は、前後の言葉の馴染み具合で配置を考える。

テンやマルのうちかたとは?

引用の「」は、正確に使わなければならない。

並列の例示には・(ナカテン)を使う。
ニューヨーク・タイムズ
ジョン・マイケル
あすか・れい など

マルのない文章は間違いの元になるので、必ずつける。

長いかかる言葉が二つ以上あるとき、その境界にテンをうつ。

語順が逆順の場合にテンをうつ。

筆者の思想としての自由なテンもある。

漢字の使い方。

漢字は多すぎても少なすぎても読みづらくなる。

漢字にするかかなにするかは、その前後で適当な方を選ぶ。無理に統一してはならない。

文章における漢字は分かち書きの役割も果たしている。

助詞の使いかたとは?

題目の「は」は書く助詞「が・の・に・を」兼務し、その題目としての役割がテンやマルを飛び越えることもある。

対照の「は」は、題目の「は」の後2つ目以降の「は」に出てくるのが普通である。

否定文で「は」が抜けると意味不明になるので、十分な注意が必要である。

までとまでにでは意味が全く異なるので、までにのいみのときは決してにを抜かさないこと。

接続助詞の「が」は、逆説員使う以外では注意して使うようにする。

「や」「と」「も」などの並列の助詞は、一つだけ使う場合は最初の単語につける。

無神経な文章とは?

結果的にわかりにくい文章と同じになってしまう。

紋切型(表現が古臭い)文章は、読む人をへきえきさせるだけではなく、この本質を見逃すことにもつながる。

繰り返しは読む人を不快にさせる。

ーして、ーして など。

読み手を笑わせるには事実を正確に表現することが効果的である。

体言止めは魅力的な文章にはなりにくい。

リズムと文体とは?

文章の「リズム」をよくするには、頭のなかで朗読しながら書くことを勧める。

文豪たちの「リズム文体」は、その書き出しに特徴が出ていることが多い。