読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

効率よく英語を勉強する。

目的は、英語を習得するため、12月までにTOEIC800点を目指す。

しかし、現状は集中力が足りず、先延ばしにする癖がある。問題なのは、12月まで半年しかない。そして、文法がほとんどできていないので、英文解釈や単語覚えになかなか移れない。

これらの問題を解決するにはどうすればよいか?

自分のコンディションを整え、文法を5月までに終わらせるべきである。

今回は、この件について大きく2つにまとめた。参考になれば嬉しい。

目次

マインド作りと気分転換

5月までに文法をマスター

 

勉強の前に、マインド作りと気分転換をする。

f:id:onodenbouya:20160511074939j:plain

 

自律訓練法

毎日、自律訓練法を行うことは、集中力を引き出すためにも、必要な行為である。なぜなら、集中力がなければ、効率よく勉強することが、困難だからだ。とくに、ADHDを患っている私にとって、集中力や先延ばしは、大きな障壁になる。

散歩

ずっと同じ姿勢で勉強することは、非常に疲れるため、たまには休息が必要である。なので、朝と夕方に外へ出て、近所で散歩する。外へ行くと、他の人間に必ず会う。しかし、気分転換のため、外に出て他の人間を観察することは、重要な行為なのだ。

深呼吸や水分補給

頭がボーッとすることはADHDである私にとって日常茶飯事である。ただ、そういった時は、ただ単に酸欠だったりもするのだ。その場合は、部屋の窓を開けてから、換気する。そして、深呼吸してリフレッシュするのだ。それと、深呼吸に限らず、水分補給をすることも体のコンディションを整える上で重要な事である。なぜなら、人間の体の60%は水分である。あと、頭が働かなくなった時、水を飲んで回復することが、たまにある。

 

5月までに文法をマスターする。

f:id:onodenbouya:20160511075016j:plain

文法書の要点をまとめて、理解する。

まず、文法書に書いてあることを全て完璧に覚えることは、時間的に不可能である。なので、要点をまとめてEvernoteなどに書き込んで覚えるしかない。たとえば、文法の正しい語順やその背景にあるロジックなど、そういった、重要なところを文法項目から抽出する必要がある。そのためには、目次をよく読む。そして、手元に3冊の文法書があるので、これらの参考書に書かれている要点を書き留める。

なるべく無駄は省く。

5月中という限られた期間の中で、3冊の文法書を終わらせることは、非常に困難である。なので、なるべく、他のことで時間を浪費しないためにも、無駄は省くべきである。

 

★まとめ

効率よく勉強するためにも、コンディションを整える必要がある。なので、勉強をする前に、マインド作りなどをするべきだ。

文法に関しては、かなり厳しい設定にしたが、自分にムチを打たなければ、いつまでたっても、だらだらと、先延ばしにしてしまうので。。